旅する騎士たち(猫同伴) はじまりの統治者 後編

――午後五時半。まだ店内には私と男の子だけしかいなかった。そろそろ仕事終わりの常連が来てもいい頃なのに。
 九十九さんは依然として在庫仕事。今日はだいぶ時間がかかっている。
 私たちはと言うと、最も勝利点の大きい属州があと二枚になっていて、もうゲームは終盤になっていた。
「地下貯蔵庫、村、村、鍛冶屋、鍛冶屋……」
 ターン中に使えるアクションカードを増やす村と、手札を増やす鍛冶屋を使って山札を全て取りきる、通称村鍛冶コンボを繰り返していた私に属州が集まる。一方の男の子には今まで一枚も取れずにいて、今までようやく公領が何枚か手に入れているだけだった。
「……合計九金だから属州一枚ね」
 また私が属州を手に入れて残りはあと一枚。この一枚を取った時点でゲームが終了する。
 男の子は恨めしそうに私を見つめて、そのあとすぐに自分の手にある手札を眺める。しばらく見つめて小さく息を吐き、久しぶりに男の子の口が開く。
「……もう勝ち目はないんですよね……えっと――」
「二帖タタミ」
 そうそうと彼は答えてすぐ目を落とす。実際に彼の言うとおり、勝ち目は極めて低い。何枚か公領は手に入れているものの、属州と比べても点は二倍違うし、今回は山札の枚数で勝利点が変動する庭園は入れていない。
もし勝つ可能性があるとしたら、公領を全部手に入れた上、屋敷を大量に集めて、さらに最後の属州も手に入れるくらいしかない。
 だけどそこに来るまでにゲーム終了条件の、三種類のカードを取りきるか、属州がなくなるかになるだろう。
 勝利がもうないことを察した男の子は手札をそのまま山札の上に置こうとする。
「もう……続けても意味ないですよね?じゃあ――」
「このゲームに投了もサレンダーも、降参もないよ」
 男の子はビクッとなって山札に置くのをためらって、今度は自分の前に伏せて置いた。
「もう勝ち目がないからと言って投了はしないで。まだ手があるかもしれないし……」
 男の子は私の説得を断ち切って言う。
「ないです。もう僕にやれることは……」
「あるよ」
 私の言葉に信じられないといった感じで男の子は私を見る。
「残った公領を全部取って、屋敷もたくさん取って、最後に属州を取ったら勝てるかもしれないじゃない」
 それはさっき私自身が否定した可能性が極めて低い夢物語のような逆転法。当然それを聞いた男の子も呆れるようにため息を吐く。
「そんなのありえないですよ。その前に店員さんが全部取っちゃうから」
「だったら邪魔をすれば?民兵を使えば私の手札減らせるから私のやり方を封じることができるかもしれないよ?」
 男の子はイラついた様子でテーブルを叩く。その衝撃で箱に入っている、使っていなかったカードが音をたてた。
「できるかもって、そんなの無理に決まってる!」
 ここまで店員らしく大人の対応をしてきたつもりだったけど、さすがに私のほうも腹が立ってくる。
「……ところで、ドラゴン&マジシャンズを買いに来たって言ってたけど、これからはじめるの?」
「えっえ?うん、友達が面白いって言ってたからはじめようかと思って――」
「やめときなさい。君には向いてない」
 私は男の子の言葉を遮って言った。言い方もばっさり斬りつけるようだったから男の子は荒々しく立ち上がって、自分の座っていたパイプ椅子の脚を軽く蹴る。
「なんで!?そんなのあなたには関係ないでしょ!!」
「簡単に諦める人にTCGは向いていない。いえ、人とやるゲーム、その全てやるべきじゃない」
 男の子は反論しようと身構えたけど、その言葉が見つからなくて黙ってしまう。
「こういうゲームはね、会話と一緒なの。相手の思っていることを自分はどう返していけばいいか、自分がどう言えば相手はそう考えてくれるか。自分一人じゃ決して完結しない、相手がいてこそ成立するの。自分勝手じゃ意味がないの」
「それとこれとは――」
「一緒よ。簡単に勝負を諦めてしまう人とゲームをやって楽しいと思う?」
 男の子は俯きながら小さく首を横に振る。
「……でも、諦める人もいますよね?」
 私は椅子にもたれかかって小さく息を吐く。
「実力があればね。相手との力量差も正確に測れるし、カウンティングや得点計算とかの目算もできるから可能性が全くないことも判るの。だけど少しでも残っていたら簡単には諦めない。ゲームをするなら最後の最後を楽しまなきゃ」
「あと一枚だけ、それさえ引かなきゃ負ける場合も?」
 怪訝そうな男の子と対照的に私は小さく頬を緩める。
「むしろそれが一番燃える展開じゃない!」
 私はこのとき、中学時代にアイツに大逆転勝ちをしたことを思い出した。
 あのときの緊張感から解き放たれる嬉しさは、今まで数々のゲームをやってきた中でも一番の気持ちよさだった。
 そして私はそれをもう一度味わいたいからこの店のバイトをしてまでゲームをやり続けているのかもしれない。
 私はそれをこの子にも分かってほしかった。すぐに諦めようとする彼に、そこを越えた先に真の魅力があることを。
「…………」
 男の子は黙って椅子に腰かける。そして投げ捨てるように置いていた手札を手に取った。
「……勝てる可能性はあるんですよね?」
「あるよ」
 男の子は手札をさっきまでと違って、真剣な目で眺めていた。
「せめて最後の属州くらいは取ってみなさい」
 彼は静かにうなずいた。
***

――午後五時四十分、男の子の逆襲が始まった。
「まずは民兵で」
 やっぱり持っていたのかと、そう思いながら私は手札から勝利点と銅貨を捨てる。
 それと同時に男の子は銀貨二枚を含んだ手札を公開する。民兵の効果と含めて6金だ。
「これで金貨を買います」
 そう言って金貨の束から一枚抜き取って手札と一緒に捨て札にする。山札も残り一枚だったから捨て札を拙くまとめて新たな山札にしていた。
 一方の私は最初に村を出した。しかし手札には手札を増やす鍛冶屋も交換できる地下貯蔵庫もない。村の効果で引ける一枚に力を込めた。
「……残念」
 引いたのは属州。勝利点は高いもののこの場合はただのハズレでしかない。
 仕方なく私は銅貨二枚で堀を手に入れた。これで相手の民兵を防ぐ手立てができた。
「行きます」
 男の子が最初に出したのは市場。これでもう一度カードが使え、カードも引ける。
 新たなカードを引こうと手をかざした時、男の子の動きがそこで止まる。なにか来てほしいカードがあるのか、祈るようにカードを引く。
 引いてきたカードを見た男の子はすかさずそのカードを場に出す。それは市場だった。
 再びのチャンス。また山札の上に手を置いてまた祈る。
 勢いよく引いたカードを見て男の子は目を見開きながらそのカードを場に出す。
「村……取ってたんだっけ」
 驚く私に対して、男の子は少しだけ表情を明るくさせる。そういえば最初のターンに私と一緒に買っていた。
 これであと二枚カードを使うことができる。もちろん、そのカードがあればの話だけど。
 男の子は再びカードを引ける。今度は目を瞑りながら強く念じながら。絶対的に有利なはずなのに、なぜか逆転されてしてしまうような緊張感が私を包み込む。引いてくるカードの行方に目が離せない。
 意を決して男の子は運命のカードを引いた。目をゆっくり開きながらカードを覗き込む。
「……ホントに起きるなんて」
 彼は信じられないと言った感じで、喜びと驚きが同居したような顔をしてカードを場に出した。
「鍛冶屋……って持ってたの!?」
「最初の二ターンは行動同じでしたよ」
――してやったり――男の子の顔がそう言ってるように見えた。
 そのまま彼は三枚を引いて手札すべてを場に出す。
「市場二枚と銅貨と銀貨と金貨、ぴったり8金……」
 驚く私。まさかホントに属州を買うためのコストを揃えてしまうなんて。ついさっき言ったばかりだったのに。
「やった……やった……やった!」
 男の子は激しく興奮している。自分自身も信じられなかったみたいだ。
「それじゃあ属州を手に入れますね」
 男の子が属州を取った時、私は大事なことに気付いてしまった。
「……ねえ、その属州」
「……あ」
 そう、男の子が最後の一枚を取ってしまったためにゲームが終わってしまったのだ。
 属州を取れと煽ってしまった私は頭を抱えたが、負けてしまった男の子はどこか満足そうにしていた。

***

――午後六時。外は夕焼け空から夕方と夜の合間にある薄紫色の空になっていた。
「ゴメンね……属州取れって言った上に気付くのに遅れて」
 カウンターで私は申し訳ない気持ちで一杯だった。だけど男の子はそれを気にすることなく笑っていた。
「ううん、僕も酷いことしたし……大事なこと教えてもらったから頭を下げるのはむしろこっちだと思う」
 私は「そっか」と小さく呟いてホッとした。
「それに、この店また来たくなりましたし」
「だったら身分証明書はない?この店、ホントは会員制なの」
 えっとする男の子は少し自分のポケットやカバンの中を見た後、なにかを見つけてそれを出そうとする。
「学生証でもいいですか?」
「大丈夫よ」
 この時私は小学生が学生証を持っているから珍しいなと思う。私立校なのかなと思ったけど、学生証を見て私はとんでもない間違いをしていたことに気付いた。
「鍛つかさ――中学三年生!?」
 驚きのあまり、カウンターの向こうにいる男の子を見つめてしまう。どう見ても中学生というより小学生にしか見えない。
 そういえばアイツの親友も女の子に見えて、知らない人は彼を高校生男子だと思うことはないだろうけど、少なくとも小学生ほど幼く見られることはないだろう。
 驚いている私を見てつかさ君は私から目を逸らしている。まるで「またか」みたいな感じで。どうやらこの勘違いは一度だけじゃないようだ。
 なんだか気まずくなってきて辛くなった私はなんとか話を変えようとする。
「えっと……もう高校は決まったのかな?」
 思わず小さい子供に話しかけるような言い回しになってしまったけど、彼はそれには幸い気づいていないようだ。
「多分、地元の高校に行くと思います」
「え?地元の高校っていうと……」
 当然、私にその心当たりはあった。
「御板高校です」
 私はこのとき、彼が将来アイツたちと一緒にここで遊ぶ様子がしっかりと頭に浮かんでいた。








面白かったらクリックお願いします!

スポンサーサイト

旅する騎士たち(猫同伴) はじまりの統治者 前編

――午後三時。今日の授業が終わって、私はクラスの誰よりも早く教室を出て、走って中庭にある駐輪場へと急ぐ。
 そこにある自分の自転車にかばんを放り入れると、少しだけ乱れた息を整える。
 放課後には部活動をする生徒たちが汗を流しているだろうグラウンドにはまだ誰もいない。脇に陸上部らしき男子が二三人念入りにストレッチをしていた。
 私も軽く手を組んで背伸びをしてみた。背中から泡が弾けたような高い音がして、それと同時に背骨に軽い衝撃が伝わってくる。
――運動不足……かな。
 休憩して息が戻って私は自転車を漕いで学校を出る。
 春というには少し暑い梅雨の一歩手前。もう少ししたらレインコートが必要だろうなとか、髪のセットが大変だなとか、そんなことを考えながら私は川沿いの道を走っていた。

***

――午後三時半。バイトしている店が入っている、駅近くの雑居ビルに着く。
 今日の開店時刻まであと三十分。私は自転車とかばんをビルの中に置いて、近くのコンビニで晩ご飯のパンとペットボトルの飲み物を買い込んだ。
 普通なら長くても五分くらいで終わるはずが、新製品とか限定品とか見ていて時間が知らないうちに過ぎて行った。
 雑居ビルへ戻ってふと携帯を見ると、時刻は既に開店まで十分をきっていた。
 慌ててエレベーターのボタンを押すけど、ゴンドラは五階からさらに上へとあがっていく。
 待ち切れない私は急いでそばの階段を駆け上がっていく。
 手に持ったビニール袋が軽い音をたてながら激しく揺れている。普段はどうって思うことはないけど、今のこの状況だと少しイライラを増幅してしまう。
 店がある三階に着いたとき、既に店の明かりがついていた。
 もう着いてしまっているのかと落ち込んで、息を荒くしながらゆっくりと店の中に入る。
「遅れてすみません」
 だけど誰の声も返ってこない。中の明かりは点いていたけど店には誰もいなかった。
――九十九さん、いないわけ……。
 そう思いながらカウンターの裏を見た時だ。
「ニャー」
 かごに入ってくつろいでいる長毛の猫が私に向かって声をかけた。この店で飼っているラグドールのアネモネだ。
 私は回り込んでアネモネのそばにいってしゃがんで、彼女の頭を撫でてやる。気持ちよさそうに目を細めて、私のほうにも手から伝わるふわふわとした長毛の感触と、人より体温が高い猫特有のぬくもりが心地よく感じていた。
「アネモネ、九十九さんどこにいるか分かる?」
「ニャー?」
 アネモネは首を傾げて答える。答えが分からないのか、そもそも私の言っていることが分からないのか、それを知ることはできないけど。
「ここにいるけどタタミちゃん?」
 背後から聞こえたいきなりの声に私の体が硬直する。振り返ると二メートル近くはありそうな、寝癖がひどい男の人が頭をかきながら立っていた。
「九十九さん!」
「ゴメンゴメン、ちょっと疲れて休んでたらいつの間にか寝ちゃってて……」
 私が呆れている一方、九十九さんは苦笑いをしていた。
――まったく……また徹夜でゲームを作っていたのね。
 九十九慶さんはここ、Knight’s to Travelの正規店員で、ここと同じビルの屋上にある倉庫みたいな家で毎日オリジナルのゲームを作っているけどまだこれといったゲームは出来ておらず、同人ゲームの界隈でもあまり人気があるほうではない。
 だけどアナログゲーム全般に詳しいし、体は大きいし、それにプレイヤーとしても弱すぎず強すぎないから店員として見たら、とても優れている。実際、旅ばかりしている店長の代理としてここの管理を任されているし。
「ホントに、ゲーム作家諦めて本腰入れてここで働いたらどうですか?」
「まあ……ボクにゲーム作りの才能がないのは分かってるけどね。それでも諦めきれないんだ」
 いつもみたいに子供のように目を輝かせて言い出したら、もう私は諦めるしかない。適当に返事をしてこの話題を断ち切ろうとした。
 そのとき、私は時計の針を見て、既に開店時刻が過ぎているのに気付いた。
「あ!私は着替えてきますから、九十九さんはカウンターお願いします!」
「はいはい。まあこの時間帯は誰も来ないと思うけどね」
 控室に向かう私に適当な返事で返す。誰も来ないなんて不謹慎だと思いながら、そうだとも思っていた。
 現に私が着替えて戻るまでの十分間、店には客が誰一人もおらず、九十九さんは店そっちのけでアネモネを愛でていた。

***

――午後四時半。普段ならこの時間になると、近くに通う高校生がこの店にやってくる時間だ。
 だけど今日は誰一人やってこない。エレベーターの音は廊下から聞こえてくるけど、そのほとんどがこの階を通り過ぎて、上の階にある弁護士の事務所か占いのお店まで行ってしまう。
――暇だ……暇だ……。
 既に書類仕事やネットの仕事は、ほとんど九十九さんがやってくれたようで、私はその確認だけ、たった五分もあれば全て終わってしまっていた。
――暇……暇……。
 九十九さんは別室でゲームの在庫をチェックしに行って、アネモネも私の隣で大人しくかごに入って眠っている。
――ひ……ま……。
 私もゲームが好きだからこの店でバイトしているわけだけど、ゲームする時間が増えたかと聞かれたら微妙なところ。お客やたまにやってくる中学時代の同級生や先輩たちとゲームすることがあるけど、途中で宅急便が来たり、受付やティーチングもしたり、目の前のゲームだけに集中できないから満足にやったことはほとんどない。
 がっつりとゲームができないイラつきと、あまりに暇すぎる今の状態が混ざり合って、そばの棚にある未開封のオニリムをやってしまいそうだ。
 そのとき、この階にエレベーターが止まった音がする。
 気が抜け切っていた私は慌てて服装をなおしてお客を待つ。が、エレベーターからここまで徒歩三十秒もない距離のはずなのに、なぜか一分くらい経ってもやってこない。
 店から外を覗いてみても、角から人が現れる気配がない。
――いたずら……か。
 そう思っていたけど、さらにその一分くらい経ってのこと。
「……すみません」
 カウンターの前にさっきのエレベーターに乗ってきたんだと思う小学生だと思う男の子が立っていた。さっきから不安そうにおどおどして、珍しそうにゲームの棚をきょろきょろと眺めているからこんな怪しいビルの中にあるこういう店に来るのは多分はじめてなんだと思う。
 私もバイトに入る前、はじめてこの店に来た時も同じような反応だった。だけど目的はきっと私とは違いそうだ。
「いらっしゃいませ」
「えっと……ドラゴン&マジシャンズのカードはありませんか?」
 やっぱり、と思った。たまに小学生がこの店に来ることがあるけど、大抵がこの店では取り扱っていないTCGが目的で訪れる。
「……残念だけどそれはないわね。そこにあるマスター・ザ・グールズならあるけど」
 マスター・ザ・グールズはTCGの一つで、世界で最も流行しているTCGと言ってもいいほどの人気がある。だけどルールが少し複雑で子供には向かない。そこでルールを簡素にしてできたのがドラゴン&マジシャンズで、今では漫画の影響もあって小中学生に人気らしい。
「そうですか……」
 男の子はしょんぼりして店を出ようとする。普段ならこのまま帰すのだけど、今はこの一人だけの状況がもう限界で、とにかく誰か話し相手でもいいから欲しかった。
「ちょっと待って。君、棚にあるゲームに興味あるの?」
「え?」
 男の子はビクってなって、私のほうをそっと振り返る。しばらく俯き加減でじっとして、そして頷いた。
「今度ここでゲームの大会があるんだけど、少しルールを確認しておきたいから一緒にやってほしいの。こういうのは一人でやるより実際にやったほうが分かりやすいからね」
 驚いた顔で私を見つめる男の子。少し考える素振りを見せて、そしてまた首を小さく縦に振った。
「それじゃあそこに座って」
 私は男の子をカウンター前の長テーブルへ手で指示して、そして私は棚からドミニオンの基本セットを出してテーブルの上に置いた。

***

――午後五時……いえその五分前くらい。私と男の子は手に持ったカードとテーブルに並べられたカードの束を見つめていた。
「いい?手札のお金を使ってカードを買う。そしてどんどん山札を強くしていきながらこれらの勝利点を集めるの。そして最後に山札の中にある勝利点が多いほうが勝ち。分かった?」
「うん、一応」
 そう言いながら男の子は手札の銅貨三枚を使って村のカードを手に入れる。
「えっと……これを?」
「一旦捨て札に。自分のカードが全部捨て札になったら山札に戻るから、それから使えるよ」
 男の子は頷いて手札と一緒に村を捨て札置いて、山札に残った五枚を手札にした。
 それらを見届けた後、私も銅貨三枚で村を手に入れた。
 私はこのドミニオン、特にこの基本セットはアプリでも現物でも何度もやって、カードのコストと効果、それにカードナンバーもソラで言うことができる。彼に言ったルールの確認も嘘で、そんなことをしなくてもルールを覚えている。
 私は単にゲームがやりたかった。なんでもよかったけど、TCGをやってる彼ならドミニオンは気に入るかなと思っていた。
 だけどどうも反応が薄い。元々感情が表に出さない性格なのか、いきなりゲームをやってと言われて戸惑っているのか。それともこのゲームが気に入らなかったのか。
 でも自分でゲームの中でデッキを作っていくゲームなんて、普通のTCGじゃあり得ないことだから、違いが強すぎて合わないのかもしれない。
 そんなことを考えつつ、正面にいる男の子は四枚の銅貨で今度は鍛冶屋を手に入れて、手札と捨て札一緒にしてもたつきながら山札をシャッフルしていた。
「慌てなくていいから。ゆっくりやればいいからね」
 そう言いながら私も鍛冶屋を手に入れて、素早く自分のカードをまとめて山札と手札を作り上げる。その様子を男の子は呆けた感じで見ていた。
「早い、ですね」
「毎日のようにカードを触ってるからね」
「それに比べて……」
 男の子の前にはまだ手札を引いていない十二枚の山札だけがようやく出来ていた。
 そのあとしばらく、男の子は黙ったまま手札五枚を引く。静かな店内で私たちは静かにゲームを続けた。








面白かったらクリックお願いします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。