ゲームを作ってみた 第三話~第一作まもなく完成!?

前回、ごいたぎぐの七話を投稿したとき日の出来事です。
本来、そのときに投稿する予定だったのはドリームアイランドのレビュー記事でした。
ところが、記事が出来て投稿完了したそのすぐ後、ブログを確認すると投稿したはずの記事がないという不具合に遭遇……。
既にやる気を使い果たしてしまったウチはそのまま書き直すのを諦めて、ストックを出しました。こちらは難なく無事投稿出来ています。
とりあえず不具合報告という名のクレームを出して、今はその、解決を待っているところです。

さて、三回目になった当ブログオリジナルゲームを作ろうのコーナーですが、実際にプレイしてもらったのは結構前の話になります。ごきぶりシリーズやドリームアイランドと同じ時なので……。



前回からの改良した点はこちら。
レベルを廃止。代わりに全てのカードにスートを付け、全てに何らかの効果を与えました。
・数字を連番ではなく、BPMとして(端の二枚を除き)5ずつの単位とした。
・毎回の悩みの種であるレジェンドディスクの効果を変更した。
・場を表示するカードを製作。逆さまにして数字を逆転させるちょっとしたギミックをつけた。
・スートによる効果をまとめたサマリーも製作。

《前回》の問題点であった、レベルの存在意義、地味さ、特殊カードの複雑さを全て解決するために、レベルの代わりにスートにし、それらごとに特定の効果をつけて、それらをサマリーにまとめたことで分かりやすくしました。
あとDJPもスート効果で簡単に手に入れやすく、逆に手から離れやすくしたとこで激しくしました。
あとは微妙なルール変更を。

今回はウチを含めて四人でのテスト。その評価は、
嬉しいことに高評価をいただきました!
ただ問題点がなかったわけではなく、効果の一つの説明が分かりづらいなどという欠点もありましたが、それでも欠点ほぼなしという評価でした。

そろそろこのゲームの完成も近づいてきましたが、実はウチ自身の中でもう一段階、ゲームの改良案があります。
恐らく、それで完成するのではないかと。
では完成するまで、引き続きお待ちください。

続きを読む

スポンサーサイト

ゲームレビュー ごきぶりループ

ウチの体質でしょうか。なんかこの時期はお腹の調子をよく崩してしまいます。
小学生の頃、夏休みに一回は必ず腹痛で寝込んでいました。
それでもしっかりと誕生日前後は体調がいいのは、ウチが強欲な証なのか?
とりあえず、今も少し悪いのでヨーグルトとか乳酸菌摂らないとなと思っています。

さて、《前回》に引き続き、前後編の後編になります。
“ごきぶりキッチン”の続編、“ごきぶりループ”を紹介します。



前回の“ごきぶりキッチン”はごきぶりのおもちゃを押しつけあったり奪い合ったりしましたが、今回の“ごきぶりループ”はそのどちらでもなく、自分のカブトムシを全てゴールさせたら勝ちというゲームです。いきなりカブトムシって……

カブトムシは画像にもある丸い駒です。
サイコロを振ってその数だけ開いている駒を進んでいき、先に四つの駒をゴールさせるのが目的です。
しかし、それを邪魔するのはプレイヤーではなく、ごきぶりです。
サイコロを振り、駒を進めるのは盤上にごきぶりがいないときだけ。
盤の下からごきぶりが管を通って盤上に現れたとき、プレイヤーたちは何をすることも出来ない恐怖の時間がはじまりです。
ごきぶりは盤上を縦横無尽に動き回り、もし駒がマス目から押し出されたり、振動で動かされたりすると、その駒はスタートに戻らされてしまいます。
唯一それを回避する方法は、四つだけある安全地帯で、そこだけは突進も振動も関係ありません。
ただ悪いことばかりじゃありません。たまに移動先がマス目だったりするのですが、その場合はその位置に移動することになります。なので、運がいいと何もしてないのに進んでいることがあります。
そしてごきぶりが我が物顔で盤上を荒らし回ってまた盤下にいったとき、マス目から外れた駒を取り除いて再びゲーム再開です。

新たなごきぶりのスリルを味わえる……というのですが、ディスカバの客の中では比較的評価は低く、ウチとしてもスリルというよりもただせわしないという印象だけで終わってしまいました。
ウチは二人戦しかやったことないので、四人戦とかだと盛り上がるのでしょうか?

“ごきぶりキッチン”ではおもちゃからゲームを作った印象ですが、今回はこのゲームのためにおもちゃを作ったみたいです。実際はどうでしょう?








記事が気に入ったらクリックお願いします!

ゲームレビュー ごきぶりキッチン

《前々回》からブログ記事の構成を頑張っています。
積極的に色をつけてみたり、文字の大きさを変えてみたり、こんな線を入れてみたり、《リンクにカッコをつけてみたり》と色々とやっています。
まだまだ思案中ですので、目が疲れたなどと言わずに長い目で見てください。まだ記事数30ほどなので……。



さて、今回は二編に渡る前後編の前半です。
“ごきぶりキッチン”というゲームになります。
ごきぶりを模したおもちゃを上手く誘導して、相手の陣地に追いやる、もしくは自分の陣地に入れるのが目的です。はいそこ、ごきぶりを嫌がらない。……ウチもイヤだけど

ルールとして、壁を一つずつ動かしておもちゃを上手く誘導して前述の目的を達成するだけという簡単なルールです。
壁はスプーン、フォーク、ナイフの三種類。サイコロを振って出た目を動かします。?が出たときはどれか一つ自由に動かせます。

ちなみにごきぶりのおもちゃは振動で動くやつなんですが、壁と壁の境目だとかで引っかかったりして、結構不規則に動くので、思った通りの行き先に行くとは限らず、戦略よりはサイコロの出目も含めた運重視のゲームといえます。

今回はルールも内容も非常に簡単なので、書くことがあまりなく、ちょっと困ったのですが、逆に言えばそれだけシンプルなので小さい子供でも難なく遊べますし、最大四匹のおもちゃを使って、せわしなく展開されるスリルを味わえるという傑作ゲームだろうと思いました。

ところで、このゲームをに使われているおもちゃは以前、日本橋のジョーシンの店頭で〈ヘックスバグナノ〉という名前で見たことがあり、恐らくこのおもちゃを使ってこのゲームが作られたんだと思います。








記事が気に入ったらクリックお願いします!

ゲームレビュー お邪魔者

《以前の記事》でも言いましたが、ウチは普通に色々なゲームをします。
土曜日に全シリーズやっている<逆転裁判>の最新作を買って、やりきりました。
ああいうミステリーアドベンチャーはなんか一気にやっちゃうんですよね。実際にウチは二日間で特典も含めて全クリしましたが、その間生活リズムがグッチャグチャになっちゃいましたが……。



さて、久々に《ディスカバ》でのゲームになります。
この前の《命の砂時計》と同じく、人狼系ゲームの亜種である、“お邪魔者”です。
採掘者の中に紛れ込んでいる、採掘の邪魔をする文字通りのお邪魔の妨害をかいくぐりながら、金塊を掘り当てるのが目的というゲームになっています。
人狼系ゲームと言いましたが、《命の砂時計》と同じく、正体隠匿そのものが目的ではなく、正体を隠匿して目的を果たすというものになっています。ちょっとわかりづらいか?



手持ちのカードには坑道とアイテムの二種類があり、手番が回ってくる度に手札のカードをプレイしていきます。
基本はスタートから坑道を延ばして金塊を掘り出すのが目的ですが、坑道は矛盾なく繋げなければなりません。
アイテムには相手の動きを止めるものと、それを解除するもの、そして地図と落石があります。
動きを止められると、坑道が出せなくなるので、いち早く他の人に解除してもらうか、自分で解除しないとほとんどなにもできません。
地図は裏向きになっている金塊を自分だけ見ることができます。その際、金塊か偽物かは嘘を言っても構いません。
落石は設置済みの坑道を一つ破壊する効果があります。
妨害するために使うためだけでなく、行き止まりや厄介な位置にある坑道を破壊出来るので、アイテムの中では一番重要かもしれません。

採掘者は裏向きになっている三枚のカードから金塊を掘り出すのが目的。一方、掘り出すまでには山札という制限時間があり、お邪魔者はこの制限時間まで金塊を掘り出されないようにするのが目的となっています。
金塊を掘り出せればお邪魔者以外の全員に金塊を獲得でき、制限時間を迎えたときはお邪魔者は一定の金塊を得られます。

このゲーム、ウチがやった印象では色々と採掘者が有利になってる気がしました。妨害しきったとしても、お邪魔者が得られる金塊もさほど多くないのも一因です。
実際に今回3ラウンドやって、最終的に勝ったのは、三回とも採掘者だった人でした。
しかし、一方でこれ以上山札少なくしたり、坑道までの距離を長くしてしまうと、途端にお邪魔者が有利になってしまう恐れもあり、作った方はバランス調整が非常に大変だったであろうと思いました。








記事が気に入ったらクリックお願いします!

ゲームレビュー アイランド

毎度のごいたぎぐですが、とりあえず九話までのストックが出来ています。
が、ゲームレビューのほうをとりあえず進めていきます。まだありますし、作ったゲームの最新話のやつもありますし。
とにかく、あとは公開させるだけなので、適当なところで載せていきます。



さて、いよいよみつや交流亭ボドゲイベントシリーズが最終話になりました。
主催者も混じり、最後に慌ただしくやったゲームがこの“アイランド”です。放課後さいころ倶楽部の四巻でも紹介されているので、そちらのほうもどうぞ。
自分たちで作った、刻一刻と沈みゆく島から、サメやクジラ、果ては海龍の脅威をかいくぐり、自分の探検家を脱出させていくというゲーム。
やれば分かりますが、まさに友情破壊ゲームを地で行く内容です。

陸地タイルをカタンのように並べて島を作り、その上に得点が書いてある探検家を配置して周りの海にボートも配置。そして海龍を初期地点に配置してゲームの準備が完了。そしていよいよ、ここからが友情破壊のはじまりです。
プレイヤーは自分の探検家かボートを合計三マス移動させます。一人を三マス移動させてもいいですし、三人を一マスずつ移動させて構いません。ただし、海のいる探検家は一マスしか移動出来ません。

そして、次は陸地タイルの除去です。
陸地タイルには平地、森林、山岳の三種があり、この順番で一枚ずつ取り除きます。
裏にはアイテムとイベントが書かれており、アイテムはそのまま獲得して、任意のタイミングで使うことが出来ます。具体的には、イルカは海にいる探検家一人を三マス移動。ボートはボートを三マス移動。ワザと重要なことは言ってませんよ。
一方のイベントは即時効果で、基本的には良いことがありません。それは怪物のサメとクジラ、そして海龍が現れることがあるからです。
さらに、山岳のタイルには火山のタイルがあり、それが出た時点でゲーム終了。脱出出来なかった探検家全員は全滅となります。
怪物それぞれの役割はあとで説明するとして、陸地タイルを取り除く際にあたって、重要なことがあります。
それは、探検家が乗っているタイルも取り除けるという点です。乗っていた探検家は、海に落ちることになります。

タイルを取り除いたら、最後に怪物の移動です。
サイコロを振って、出た目の怪物を規定の移動数まで移動させます。
怪物は先ほど言った、サメとクジラ、海龍の三種あります。
サメは海に落ちている探検家と同じマスにいるとき、その探検家を食べてしまいます。
クジラはボートと同じマスにいるとき、そのボートを破壊します。もちろん探検家が乗っていた場合はそのまま海に落ちます。
そして海龍はこの二つの効果を持ち、ボートに乗っていたとしても、その時点で海の藻屑となります。
さて、先ほど陸地タイルは探検家が乗っていても取り除けると言いましたが、その際にサメか海龍出現のイベントが出たとき、その時点でその探検家はおしまいです……。
なお、他のイベントとしてボートと渦巻きがあり、ボートはそこにボートが出現(残念ながらそこにいた探検家は乗れませんが)。渦巻きはそのマスと周囲六マスの全てのコマを取り除きます。自然の前には、人はもちろん、怪物たちも無力なんです。
さっきワザとアイテムの一部をあかしませんでした。
残りは怪物を自由に移動させたり、サメとクジラの脅威から身を守るものとなっています。

ゲーム終了時、脱出した自分の探検家の得点を合計して、一番多かった人が勝ちになります。だけど、ここまで来たら最早結果発表はオマケ……

とにかく、相手を邪魔をしまくるのが目的と言っても構わないぐらいの清々しいまでの友情破壊ゲーム。
ぜひ、仲のいい友達とやって、友情が離れていく様子を存分に堪能してください。








記事が気に入ったらクリックお願いします!

ゲームレビュー 命の砂時計

先日、ゲーム製作のために百均で名刺用紙を買いました。
ミシン目が入っていて、カッターでわざわざ切る必要がなく、厚手なのでスリーブに入れるだけで使えると喜んだのですが、悲劇が。
試しに普通の用紙でテンプレートを印刷してみると、なぜかサイズ設定がおかしい。
縮尺もおかしいし、空白エリアがズレズレで。
……少なくとも新しいパソコンに買い換えるまで、肥やしになりそうです。



さて、しばらくごいたぎぐの執筆に勤しんでいる間、ディスカバ二回分のゲームが溜まっています。さらに自作ゲームの感想も入ってきて、しばらくレビュー中心で消費させます。
その間も度々ごいたぎくの新話も挟んでいきますが。
というわけで、今回もみつや交流亭編です。
一通りゲームをやって、人数も増えてきて二組に分かれてやりました。
そのときにやったのが“命の砂時計”です。
シキリトさん製作の同人ゲームになっています。
ジャンルは一応正体隠匿ゲームになるのですが、人狼のような騙し化かし合いというより、出し抜いて勝つというルールになっています。

村人にあたる治癒と人狼にあたる病魔、そして狂人にあたる使い魔の対決で、目的は一緒。素早くゴールできるか。つまりはすごろくです。
治癒サイドは制限時間までにゴールを目指すことが目的。
一方病魔サイドはゴールを目指す他に、制限時間超過させることも勝利条件になっています。
すごろくの目の代わりになるのがカードで、止まった目のカードを交換することで効果が発揮され、任意の人物を進めたり、はたまた戻したり、病魔サイドとして制限時間を短くしたり、条件付きながら一気に0にしてしまう恐ろしいカードもあります。もちろん使わなくても構いませんが。
とはいえ、病魔サイドがいきなり大手を振ってそういうカードを使えば他の人に妨害され続け、一人に加速させまくるでしょう。病魔は一人だけなので。しかし、使い魔には注意が必要ですが。

正体隠匿ゲームでありながら、はじめての人でも目的や方法がはっきりしているので簡単で、人狼のような取っつきにくさがないので、赤ずきんちゃんと並んで正体隠匿ゲーム入門にはいいかもしれません。が、亜種に分類されるので、がっつりとした正体隠匿ゲームがやりたい方は赤ずきんちゃんのほうがいいかもしれません。








記事が気に入ったらクリックお願いします!

ゲームレビュー キャプテン・リノ



実は数回前からFC2ブログのアプリを使って更新してます。ごいたぎぐを更新し出してからです。
やっぱり多機能ですね。タグはさくさくだし、画像も簡単に貼れるし。
リンクも随分簡単に貼れるようになったので、今後から単語をクリックしたりタップしたらGoogle検索だったりWikipediaだったり過去の記事に飛べることがあります。
何となく分からなければ、とりあえずクリックしてみてください。……なかったとき?自分でググってください。

さて、またまたみつや交流亭でのボドゲイベントからです。
これこれの後、多くの人が来たため、多人数ゲームとしてウチが提案したのが“キャプテン・リノ”でした。元々ウチがやりたかったっていうのもありますが。
ズバリ、職人育成ゲームです。戦略は一応あるのですが、それよりも手先の器用さ。精神力のほうに重きを置いたゲームになっています。

床のカードには壁を立てる形が書いており、一枚か二枚の壁を立てます。その後手札から新たな壁を乗せます。それを繰り返して、崩した人が負けになります。
床のカードには特殊な効果を持つのもあり、次のプレイヤーをスキップしたり、手番を逆にしたり、二枚同時に重ねるようになるのもあるのですが、一番はこのゲームのタイトルになってるリノくんを乗せるアイコン。
リノくんはそこそこの重みがあり、それを床の指定された場所に顔を指定された方向に置かなければなりません。
そしてもし、前の人がリノくんを既に置いてしまった場合、そこから回収もしなければならず、まさに二つの意味でバランスブレイカーの効果をもたらしてしまいます。

初心者や小さい子でも取っつきやすく、ほぼ公平に戦えるため、他のゲームに比べても対象年齢は低めかもしれません。
ただ、どちらかというとパーティゲーム寄りなので、大人でも騒ぎながら楽しめると思います。ウチらのときはそうでした。
なお、このゲームにはビッグサイズがあり、見た人曰わく、「ネット番組で使うようなやつ」らしいです。

ゲームレビュー クアルト



“ごいたぎぐ”読んでいただけましたか?
本来あれば小説家になろうで掲載する予定だったのですが、出来の問題と、内容が甲斐谷忍さんの“無敵の人”を、麻雀からごいたに変えただけみたいになったので、対応がしやすいブログでの掲載になりました。
まあ似ているのは初めのほうだけで、これから先はオリジナル展開になっていきますのでお楽しみに。

さて、引き続きみつや交流亭でのボドゲイベントでやったゲームです。
前回の“ゴブレット”に引き続き、他の人が来るまで繋ぎとしてやった四目並べ系のゲーム、“クアルト”。

このゲームのポイントは、勝利方法の数です。普通、四目並べというと、黒か白の違いしかありませんが、この“クアルト”の場合、黒と白、四角と丸、高と低、穴があるかないか。
この4種類16パターンの駒があり、置いたときにこれらのいずれかが一列四つ並べば勝ちとなります。
そしてもう一つ、相手が決めた駒を置かなければいけないという点。
自分で好きなように置くことが出来ないので、自力で勝利出来ないようになっています。

四目並べという単純なルールだったゲームが、勝ち筋を増やしただけで複雑で奥深いゲームに昇華させた“クアルト”。
一つだけの勝ち筋だけを見ていると、知らず知らずに新たな勝ち筋が生まれて、それに気づかず勝ちを与えてしまうという点も嬉しくも悩ましい点。
普通の四目並べのように打つときだけ悩むのではなく、相手の手番でも考え、なぜか「ああでもこうではない」と呟いてしまうかもしれません。

ゲームレビュー ゴブレット

ゴブレット


二年前にからだを壊したウチは、三ヶ月毎に病院で定期検診しています。
昨日も行ってきたのですが、いつもと違うことが。
いつもは予約時間の三十分遅れは当たり前、場合によっては一時間遅れとかもあるのですが、昨日に限っては予定どころか二十分前倒しでした。
大きな病院の内科でもこんなことがあるのかと思いました。
次回は八月ですが、敢えて最後の週に。理由?お盆明けはイヤだから。

さて、今回はディスカバではありません。
先週の土曜日に行った、みつや交流亭でのボドゲイベントでやったゲームです。
バスの時間で、開始時刻より少し早めに来てしまったウチが、次に来た方と最初にやったゲームがこの“ゴブレット”です。
木製四目並べゲームの一種になります。

ルールはゴブレットは大小四種、それが重なって逆さまの状態が三つずつある状態からスタートです。
最初はゴブレットの一番大きい物を抜いて置きます。
すると、一段階ゴブレットが出てくるので、次からそれを置くことができます。
それを繰り返して、はじめに同じ色四つ、一列に並べたほうが勝ちになります。

このゲームの特徴は、一度置いたゴブレットを、他のゴブレットの上に被せることができるという点。
四目リーチですぐに防がれたとしても、それがもし小さいものなら、盤面にあるゴブレットを移動させて被して再びリーチ。みたいなことができます。
ただし、中の確認はできませんので、被せようと取ったら、中から敵のコマが出てきて自爆。ということもありますので、少しの記憶力も必要です。

ただ、ルール自体は単純なので、子どもとやるという方はオススメできると思います。ウチ自体てま言えば、シンプルながら面白いゲームだと思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。