ゲームレビュー ゴブレット

ゴブレット


二年前にからだを壊したウチは、三ヶ月毎に病院で定期検診しています。
昨日も行ってきたのですが、いつもと違うことが。
いつもは予約時間の三十分遅れは当たり前、場合によっては一時間遅れとかもあるのですが、昨日に限っては予定どころか二十分前倒しでした。
大きな病院の内科でもこんなことがあるのかと思いました。
次回は八月ですが、敢えて最後の週に。理由?お盆明けはイヤだから。

さて、今回はディスカバではありません。
先週の土曜日に行った、みつや交流亭でのボドゲイベントでやったゲームです。
バスの時間で、開始時刻より少し早めに来てしまったウチが、次に来た方と最初にやったゲームがこの“ゴブレット”です。
木製四目並べゲームの一種になります。

ルールはゴブレットは大小四種、それが重なって逆さまの状態が三つずつある状態からスタートです。
最初はゴブレットの一番大きい物を抜いて置きます。
すると、一段階ゴブレットが出てくるので、次からそれを置くことができます。
それを繰り返して、はじめに同じ色四つ、一列に並べたほうが勝ちになります。

このゲームの特徴は、一度置いたゴブレットを、他のゴブレットの上に被せることができるという点。
四目リーチですぐに防がれたとしても、それがもし小さいものなら、盤面にあるゴブレットを移動させて被して再びリーチ。みたいなことができます。
ただし、中の確認はできませんので、被せようと取ったら、中から敵のコマが出てきて自爆。ということもありますので、少しの記憶力も必要です。

ただ、ルール自体は単純なので、子どもとやるという方はオススメできると思います。ウチ自体てま言えば、シンプルながら面白いゲームだと思いました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。