ゲームレビュー セイブザクイーン



雨の日はイヤですね。気分は下がるし、頭痛は起きるし、髪は三割増になるし。
元々ウチは晴れ男と親戚に言われていますが、実際ウチが出かけるときだけ雨が止んだり、出かける予定の日が三日前は雨予報だったのが、雨雲が早くきちゃったり、または遅くなって結果晴れになったり、台風がウチを避けてどっかにいったりと、……後半はもはや何かの超常現象なんですけどね……。
そんな日はボードゲーム店は暇になるのは分かりますが、実際に昨日ディスカバリーゲームズに行ったところ、約六時間店長さんと二人きりでした……。
おかげでウチが作ったゲームをやれず仕舞いに……なにしろ最低三人だから。
今回ボドゲレビュー第一回として、そんな暇なときにやった“セイブザクイーン”を紹介します。

簡単に言えば、相手の姫を殺す(裏向きにする)のが目的の対戦型ゲーム。
暗殺者と狙撃手を使って相手の姫を殺す。またはカード作動時などで貰えるチップを集めれば勝利となります。
そして一番のポイントはサイコロゲームなんですよね、これ。
最初にすべてのカードを(姫以外)裏向きで並べるのですが、それが表向きになって発動するのはサイコロの出目次第。
例え隣を暗殺者や狙撃手の魔の手から防げる衛兵を置いても、それが表になってなければただの札。しかもそれが姫だった日には……。

感想として、ウチは好評です。
ウチの大好きなサイコロゲームってのもありますが、サクッと出来るのもいいですね。
二人しかいないけど、“バトルライン”や“サンゴク”とかやる時間がないときなんかすごくいいです。
一応箱の裏書きには所要時間15分って書いてあったみたいですが、店長さんとやったときは二戦やっても時間余りました。
やっぱりサイコロの出目次第で時間が変わっちゃうんでしょうかね?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。