ゲームレビュー キャプテン・リノ



実は数回前からFC2ブログのアプリを使って更新してます。ごいたぎぐを更新し出してからです。
やっぱり多機能ですね。タグはさくさくだし、画像も簡単に貼れるし。
リンクも随分簡単に貼れるようになったので、今後から単語をクリックしたりタップしたらGoogle検索だったりWikipediaだったり過去の記事に飛べることがあります。
何となく分からなければ、とりあえずクリックしてみてください。……なかったとき?自分でググってください。

さて、またまたみつや交流亭でのボドゲイベントからです。
これこれの後、多くの人が来たため、多人数ゲームとしてウチが提案したのが“キャプテン・リノ”でした。元々ウチがやりたかったっていうのもありますが。
ズバリ、職人育成ゲームです。戦略は一応あるのですが、それよりも手先の器用さ。精神力のほうに重きを置いたゲームになっています。

床のカードには壁を立てる形が書いており、一枚か二枚の壁を立てます。その後手札から新たな壁を乗せます。それを繰り返して、崩した人が負けになります。
床のカードには特殊な効果を持つのもあり、次のプレイヤーをスキップしたり、手番を逆にしたり、二枚同時に重ねるようになるのもあるのですが、一番はこのゲームのタイトルになってるリノくんを乗せるアイコン。
リノくんはそこそこの重みがあり、それを床の指定された場所に顔を指定された方向に置かなければなりません。
そしてもし、前の人がリノくんを既に置いてしまった場合、そこから回収もしなければならず、まさに二つの意味でバランスブレイカーの効果をもたらしてしまいます。

初心者や小さい子でも取っつきやすく、ほぼ公平に戦えるため、他のゲームに比べても対象年齢は低めかもしれません。
ただ、どちらかというとパーティゲーム寄りなので、大人でも騒ぎながら楽しめると思います。ウチらのときはそうでした。
なお、このゲームにはビッグサイズがあり、見た人曰わく、「ネット番組で使うようなやつ」らしいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。