ゲームを作ってみた 第三話~第一作まもなく完成!?

前回、ごいたぎぐの七話を投稿したとき日の出来事です。
本来、そのときに投稿する予定だったのはドリームアイランドのレビュー記事でした。
ところが、記事が出来て投稿完了したそのすぐ後、ブログを確認すると投稿したはずの記事がないという不具合に遭遇……。
既にやる気を使い果たしてしまったウチはそのまま書き直すのを諦めて、ストックを出しました。こちらは難なく無事投稿出来ています。
とりあえず不具合報告という名のクレームを出して、今はその、解決を待っているところです。

さて、三回目になった当ブログオリジナルゲームを作ろうのコーナーですが、実際にプレイしてもらったのは結構前の話になります。ごきぶりシリーズやドリームアイランドと同じ時なので……。



前回からの改良した点はこちら。
レベルを廃止。代わりに全てのカードにスートを付け、全てに何らかの効果を与えました。
・数字を連番ではなく、BPMとして(端の二枚を除き)5ずつの単位とした。
・毎回の悩みの種であるレジェンドディスクの効果を変更した。
・場を表示するカードを製作。逆さまにして数字を逆転させるちょっとしたギミックをつけた。
・スートによる効果をまとめたサマリーも製作。

《前回》の問題点であった、レベルの存在意義、地味さ、特殊カードの複雑さを全て解決するために、レベルの代わりにスートにし、それらごとに特定の効果をつけて、それらをサマリーにまとめたことで分かりやすくしました。
あとDJPもスート効果で簡単に手に入れやすく、逆に手から離れやすくしたとこで激しくしました。
あとは微妙なルール変更を。

今回はウチを含めて四人でのテスト。その評価は、
嬉しいことに高評価をいただきました!
ただ問題点がなかったわけではなく、効果の一つの説明が分かりづらいなどという欠点もありましたが、それでも欠点ほぼなしという評価でした。

そろそろこのゲームの完成も近づいてきましたが、実はウチ自身の中でもう一段階、ゲームの改良案があります。
恐らく、それで完成するのではないかと。
では完成するまで、引き続きお待ちください。









記事が気に入ったらクリックお願いします!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。