ゲームレビュー ドブル

ウチは持病持ちで、今日は三ヶ月に一度の定期検診だったわけなんですが。
昨日までの天気予報では今日は雨だという予報で、地下鉄で行くとはいえ、家から駅、駅から病院までの道中、雨に降られると思うと気が落ちそうでした。
しかしふたを開けてみれば青空が広がる晴天。しかも雨のせいか今までの猛暑が嘘のように過ごしやすい気候になっていました。
前にも、もしくはSNSで言ったと思いますが、ウチは驚異的な確率で雨を避けてしまう晴れ男で、台風すら操作してしまうほどと自負しています。
それでも雨が降ってしまったときは、だいたいがウチが外に出てないか、雨とは無関係なところにいるかだと思います。
一応言っときますが、それでも普通に降られることありますよ。

さて、とりあえず一週間頑張ってみよう、毎日更新チャレンジも四日目、ついに折り返しを過ぎました。
そんな今日は昨日のような悪天候でも気分がよくなる、誰でも簡単に、子供から大人まで遊べる名作、“ドブル”の紹介です。



放課後さいころ倶楽部でも三人が旅行先で雨に降られたときに、旅行に来ていた家族たちとやっていましたね。



内容物として画像のようなシンボルが描かれたカードのみですが、このカードがよくできており、カードにはシンボルが八つ描かれていて、全てのカードは他のカードと必ず一つだけ同じシンボルがあります。
これを利用して、ドブルは一つのゲームで数種類のルールで遊ぶことができます。
今回はそのうちの一つ、アツアツボテトを紹介します。

全員にカードが一枚ずつ配られて、それを手のひらの上に乗せる。利き手じゃないほうに置くのがベター。
全員が見える位置に移動して、一斉にオープン!
自分のカードと同じシンボルを見つけたら、それを言いながら相手に押しつけて、最後に残った一人が全てのカードを受け取って次のラウンドへ。
最後に一番カードが少ない人が勝ちという簡単なゲーム。
このゲームはホントに少し空いた時間にやるのにピッタリで、ゲーム終了まで五分もかからないかもしれません。
それでいて大人も盛り上がれるので、まさに、暗い気分を吹き飛ばすのに最適なゲームです。

このドブルはシンボルが違う様々なバージョンもあるので、全て集めて気分によって変えてみるのもいいかもしれません。今回の画像は基本バージョンです。



今回の記事で紹介したゲームは放課後さいころ倶楽部3巻にも収録されています。









記事が気に入ったらクリックお願いします!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。