ゲームレビュー スカルキング

このブログを観ているほとんどの人は知っていると思いますが、新しい記事が投稿される度にTwitterへ更新したことを告げるツイートが自動送信されるようになっています。
その際、時間帯によってその反応具合が違うんですよね。
毎日更新チャレンジの中で言うと、似顔絵探偵のときだけ反響が多く、他の日はさほどという感じでした。
似顔絵探偵のときは結構ギリギリに投稿して23時頃、その他は余裕を持って夕方ぐらいまでには投稿が出来ていました。
やっぱり主な読者層がその辺りの時間帯でTwitterを観るためだと思うのです。
よって今回の記事から22時~23時投稿するようにします。
あとTwitterつながりでもう一つ。
今ウチのTwitterで独自のハッシュタグ、“#だいたい合ってる一日日記”を使ったツイートをしていますが、みなさんもどうぞご自由にお使いください。というか使ってください。そして広めてください!お願いします。

さて、皆さんはトリックテイキングというジャンルはご存知でしょうか?経験者は当然知ってますよね?
トリックテイキングとは、トリックと呼ばれるミニゲームを複数回繰り返していくゲームのことで、最初に出されたカード(リードと言う)に従って、同じスート(マーク・シンボル)のカードを出せる限り出していき(マストフォローと言う)、全員のカードが出た時点で、リードと同じカードの中でその他の要因(主に数字)を元にトリックの勝者を決めるのを、ラウンド内で何度も繰り返すというゲームのジャンルです。
Windowsを持っている方は、内蔵ゲームのハーツを想像すると分かりやすいかもしれません。向こうは取ったらいけませんが。



今回紹介する“スカルキング”もそのトリックテイキングというジャンルに入り、そこに予想という要素を組み込んだゲームになっています。



トリックテイキングの部分から説明すると、カードは赤と青と黄色と黒の四種類に特殊カードが五種類あります。
基本はさっき説明した通りです。赤色のカードがリードなら赤色のカードを出していき、青なら青、黄色なら黄色とカードを出していって、リードと同じ色の中で一番大きい数字を出した人がトリックを取るというルールです。
ただし黒だけは別格で、例えリードと違っていてもさっきの三色より強いという性質を持ちます。もちろんマストフォローですからリードと同じカードがあれば出さなければなりませんし、黒の中でも数字があります。
さらにそこに特殊カードが五種類存在します。
まずは白旗。これは全てのカードに負けるという性質を持ちます。なぜ負けるカードがあるか、それは後で説明します。
次に人魚。これは数字に対しては無敵ですが、後述する海賊には負けてしまうというカードです。
続いて海賊数字と人魚には勝てますが、あとで説明するスカルキングには負けるというカード。
また海賊の中に一枚だけ、気まぐれメリーというカードがあり、これは出す際に海賊白旗か選べるというカードです。
最後にスカルキングこれは数字と海賊には勝てるが、人魚にだけは負けるというカード。
つまり人魚、海賊、スカルキングはジャンケンのような関係ですが、それぞれ枚数が全く違い、スカルキングに至っては1枚だけなので、相対的に人魚が一番弱いカードとなります。もちろん、それに見合う対価も持っています。

では、さっきの白旗や気まぐれメリーみたいな自ら負けるカードが入ってるか。ハズレ用?違います。それはさっきチラッと言った推理の要素が大きく関わってきます。
ラウンドがはじまる前、手札が配られて全員がすること。それは自分はラウンド内で何度トリックを取ることができるか推理すること。
ここが大事なところというより、これがゲームの根幹とも言え、例えラウンドで全勝していようと、推理がハズレていれば結果の点数がマイナスになって負けてしまうこともあります。
逆に全くトリックを取らなかったとしても、推理さえ合っていれば、むしろ全勝予想するより多くの点数が手に入ることもあります。
さらに推理が合っていることを条件に、スカルキング海賊を屈服させたらボーナス点が、人魚スカルキングを刺すことができれば、さらに多くのボーナス点が入ります。

一見難しそうに思えるこのゲーム、実は初心者にも簡単に理解できるあるギミックがあります。
このゲームはラウンド数が10まであるのですが、このラウンド数と同じ枚数だけのカードが手札として配られます。
つまり一枚しかないラウンド1では予想は勝つか負けるかだけでよく、ラウンドが進むにつれて枚数を多くしていくので、まるでチュートリアルがゲームの中に直接組み込まれているような感じで進めることができます。

トリックテイキングとそこに推理という要素を入れた出来もさることながら、初めての人でも覚えていけるようなルールの組み込み方も流石で、とりあえずトリックテイキングと言われればこれ!と推したくなるようなゲームです。
ちなみに、ウチは死ぬほどこのゲーム弱いですよ……。








記事が気に入ったらクリックお願いします!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。