ゲームレビュー ナショナルエコノミー……?

前にも言っていて、今でもたまに出てくるウチの台詞。「ワーカープレイスメントは絶望的に苦手」
フタリコラをやったのをきっかけに、ダイスシティやアグリコラとかもあまりいい思い出がなく、出来れば回避しようとしていました。
しかしながら、このまま苦手なままのはダメだなと思い、最近はナショナルエコノミーのソロプレイで練習しています。





ルールで言えば、自分の労働者に賃金を支払いつつ、施設を建てたり金を稼いだりするゲームです。
一応クリア条件は100点なんですが、ウチは何度やっても70点台を越えることがなく終わってしまいます。
そのことを“#だいたい合ってる一日日記”で呟いたところ、このゲームの作者さんからこんなアドバイスが。
「まずはドローソース」
……やってるんです。工場かそれ以上のドローソースは必ず建ててるんです。
労働者を上限まで雇ってます。
それなのに得点が上がらないんです……。
ググったら、「労働者に賃金を支払うための自転車操業状態は回避」みたいなことは書いてるんですが、どうすればいいのか……。
こういうのって上手い人にアドバイスしてもらいながらやったら上達するのかなと思います。

さて、今回は“ナショナルエコノミー”をレビューすると見せかけて別のゲームをレビューします!
ただし注意事項。
今回のゲームは、人によっては内容が不快に思える可能性があります。
また、このレビューは、お食事中に読むことを勧めません
それでも大丈夫という人はこのまま記事をスクロールしてください。


































よろしいでしょうか?よろしいでしょうか?
それでは今日のゲームはこちら!



トイレ我慢カードゲーム“モレール”です!
いかにも怪しいこのゲーム、そのタイトル通り、トイレに行くまで必死にを我慢するというゲーム!



どんな変なゲームかと思いきや、実はカウンティングゲームになっています。
順番に数字の書かれたカードを出していって、一定数値を超えた人にダメージ、それを繰り返してまず一人を漏らせるまで続けます!
カードには足していくカードの他、数値をマイナスにするカード他にもUNOのようなスキップやリバースサイコロを使った運任せ、中にはバーストを誘発する自爆カードなんてのもあります。
そして誰か一人を蹴落とし、いよいよトイレに辿り着いてもまだ油断はできません。最後の審判が待っています!
最後にサイコロを振り、出目に応じたダメージを受けます。中には一瞬でロケットを発射したりダムが決壊したり大型爆弾が爆発するほどの大ダメージを受けることも……。世界は夜明け前が一番暗いのです。

やってみた感想は、思いのほか面白いと感じました。
ゲームの題材を除けば、しっかりとしたカウンティングゲームですし、そこにサイコロを使った運要素を加わって、最後の審判を除けばその要素の量もバランスがとれていると思います。
人にいきなり勧めるには……ですが、ある程度場がほぐれたところでソッと忍ばせておく、みたいな感じで勧めてみるのも良さそうです。
そんな文字通りのクソゲーはウチは高評価してます。








記事が気に入ったらクリックお願いします!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。