ゲームレビュー ヒューゴ

以前、ずいぶんと前にBacktoBackというゲームを作ったのを覚えているでしょうか?知らない人はゲーム名をクリックすると一番最後の記事が出てきます。
このゲーム、最終的にはTheGameのシステムを元に進めていったのですが、ついこの間ゲームの内容を大幅に見直そうかと思いました。
理由は二つあって、一つはまだ現行のバージョンにはつけてませんが、アイテムカードみたいなのを入れようかと思ったこと。
もう一つは実際にDJのBacktoBackやプレイを見て、少し世界観が違うなと思ったことです。
まだはっきりとした改訂案は出てませんが、恐らくBGMを廃止して代わりにトランプのようなスートと数字を使い、その中にアイテムカードを出していくようなゲームになる予定です。
出来た際はまた記事にします。最近そのジャンルは書いてませんが。

さて、木曜日はウチがお世話になっている賽翁さんでゲーム会をやっていますが、今回はそのときにウチがやったゲーム、“ヒューゴ”です。



箱にも書かれている通り、このゲームはオバケと鬼ごっこをして、捕まる前に早く部屋へ逃げ込むというゲームです。



ルールはあらかじめ置いた自分の駒を二つのうち一つを振ったサイコロの目の数だけ進めます。
サイコロには一つ、オバケの絵が書かれており、それが出るとオバケは三マス進んでいきます。
初めは真ん中の通路にいるために安全なのですが、廊下に出てからが本番!いち早く自分の駒を部屋へ入れなければなりません。
廊下には部屋への入り口が書かれてあり、そこから分岐する形で入れていきます。ただし、ほとんどの部屋はサイコロの目はピッタリじゃなくてもいいんですが、2点の部屋だけはピッタリにしないと入れません。
また、一つの部屋には一つしか駒が置けないので、多人数プレイだと必然的にオバケに捕まる人が出てきます。
オバケは追いつかれると捕まって真ん中の通路へと運ばれてしまい、早く捕まってしまうほど大減点となってしまいます。
周辺の部屋の中にはマイナス1点の部屋がありますが、オバケによる減点は一番少ないところがマイナス2点なので、捕まるくらいだったらいっそ入ってしまえの感覚も必要です。
これを何度か繰り返して、最も点数が多い減点が少ない人が勝ちとなります。

ウチがやったときは画像のように多人数だったのでオバケが進む進む。オバケの通路に近い駒が次々と捕まっていき、トップも結局マイナス10点台でした。多分、このゲームの普通でしょうが。

なお、ウチはやってませんがこのゲームには負け決めのルールがあり、ボードを裏返すとそのルールになります。
こちらは時間という概念があり、最後のほうになるとオバケが一回でとんでもない数進むことになります。
さらに、一部屋一人ルールは同じですが、前にいた人を追い出していくルールですので、かなり白熱すると思われます。
タイトルは子ども向けゲームっぽいのですが、蓋を開ければ大人も熱くなれること間違いなしのゲームです。







記事が気に入ったらクリックお願いします!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。