ゲームレビュー オニリム

先日、ネットオークションでデジカメを買いました。
ずいぶん昔の機種ですし不人気色ですが、スマホのバッテリーを気にする必要がないのは嬉しいです。
これからは、ボドゲイベントにはこのデジカメ使っていきます。

さて、というわけで、今回はデジカメのテストということで、ウチがこの前買ったゲーム、“オニリ”の紹介です。



このブログはじめての、一人用のソリティアゲームになります。一応このゲームは二人協力も出来ますが。



ソリティアゲームはカードなどを一定のルールで動かしていって、勝利条件を満たすというゲームです。パソコンゲームのソリティアやフリーセルなんかがそれにあたりますね。
このオニリムの場合、基本ルールの勝利条件は、八枚ある扉のカードを全て獲得することです。

扉を獲得するには二種類の方法があり、一つは同じ色の迷宮を辿る方法。もう一つは鍵で開ける方法です。
迷宮カードは隅にマークが書かれているカードで、マークは太陽、月、鍵の三種類があります。
迷宮を辿るには、手札からカードを一枚ずつ出していきます。その際に、前のマークと違ったカードを出していかないといけません。
こうして、同じ色を三枚連続で出せたときに、山札から同じ色の扉を探し出して場に出します。
手札は常に五枚の状態にするため、手札を減らしたら必ず五枚まで補充する必要があります。
その際に扉をひいてきた場合は手札に行かず、最後には山札へ戻ってしまいますが、もし手札に同じ色の鍵のカードがあれば、そのカードを捨て札にすることで場に出すことができます。
これらを行って、山札にある四色二枚ずつある八枚の扉を場に出せたら、夢から脱出できて勝利となります。
しかし、このゲームはそう簡単にクリアはできません。脱出を妨害する悪夢が存在します。
これは、山札から手札に補充した際にひいてきたとき、プレイヤーにペナルティーを与えます。
手札を全て捨ててひき直させる。山札の上から五枚にある迷宮を全て捨てる。手札の鍵を捨てる。場にある扉を山札に戻す。
これらは選択することが出来ますが、いずれもマイナス要素はあり、手札や山札を捨てるのは直接敗北に近づきますし、万能な鍵を捨てるのもかなり辛いですし、せっかく出した扉を戻すのもキツいです。
この悪夢でオタオタして、山札がなくなれば、夢からの脱出が出来なかったとなり敗北です。
それを助けてくれるのが鍵のカードで、迷宮カードとして出す、扉を出す以外にも、このカードを出す代わりに捨てることで、山札の上から五枚を見て一枚を捨て、好きな順番で置き直すことができます。もちろん悪夢を捨てることも出来るので、かなり有効です。ただ、当然枚数に限界があるので、無計画に使うと敗北に一直線ですが。

このゲームが優れている点として、もうはじめから全ての拡張ルールが同梱されていることです。
例えば、扉を順番で出さないといけない代わりに捨て札を使って様々な効果が使えたり、特定のカードを追加で出さないといけなかったりするなど、八種類が用意されていて、一部は組み合わせることが出来ます。
逆に通常ルールでもクリア出来ない人のために、初心者ルールも存在しているので、ソリティアゲームに不慣れでも安心です。
放課後さいころ倶楽部でも、その不思議な世界観を最大限に生かした話になっていますので、そちらもおすすめです。

このゲームは放課後さいころ倶楽部5巻でも紹介されています。








記事が気に入ったらクリックお願いします!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。