ゲームレビュー ドメモ

今頑張ってごいたぎぐの第二部を執筆中なのですが、どうやら完成するのはブログ移行後になりそうで、向こうのブログには載せるつもりはありません。
代わりに小説家になろうというページに載せるつもりで、第一部のほうも少し修正を加えます。
その際、今載せている話の設定が少し変わります。
具体的には、香堂辰三の名前が一三(かずみ)に変更になったり、高校の名前が変わったりしています。
それに合わせて、移行後のブログも色々作業しました。
ここは旧ブログという体裁でそのままですので、検索の際はご注意ください。

さて、今回はボードゲームの中でも子どもと遊べて、そして頭の体操になるゲーム、“ドメモ”の紹介です。



ルールとしては数字当て。自分に配られた数字のタイルを自分は見ない状態で一つずつ宣言していき、あればその一つのタイルを隣の人が公開。それを繰り返して先に全てのタイルを当てた人から勝ち抜けというゲームです。

数字は画像のように、1から7までが数字と同じ枚数あり、プレイ人数によって、一人に配られるタイル、全員に公開されるタイル、予め除外されるタイルはそれぞれ枚数が異なります。
ポイントは目に見えるものだけを見るのではなく、相手がなぜその数字を宣言したか。その推理力です。
例えば、誰かが1と宣言してハズしたとき。1のタイルは一枚しかないので、宣言した人から見れば目に見える場所には1がないと考えられます。
逆に言えば、宣言された時点で自分を含めた全員の手持ちには1がないということとなります。……たまにひねくれ者が1が見えてるのにそれを宣言して、足止めも考えられますがね。

シンプル過ぎるため、紹介は以上になりますが、廉価版を発売されているので、気になった人は買ってみるのもいいでしょう。








記事が気に入ったらクリックお願いします!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。